ピエール・ガスリー、2021年シーズンもアルファタウリ・ホンダF1からの参戦が決定

©株式会社サンズ

 10月28日(水)、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、2021年シーズンもピエール・ガスリーを起用することを発表した。

 フランス出身のガスリーは、2017年第15戦マレーシアGPでアルファタウリの前身であるトロロッソよりF1にデビュー。またこの年は、日本で全日本スーパーフォーミュラ選手権にも参戦しており、初参戦ながらドライバーズランキング2位という成績を残している。

 チームがホンダのパワーユニットを使用し始めた2018年はトロロッソからフル参戦し、2019年にはレッドブルへ昇格した。サマーブレイク後の第13戦ベルギーGPからは事実上の降格という形で再びトロロッソでステアリングを握ることになったが、第20戦ブラジルGPでF1キャリア初の表彰台を獲得。新生アルファタウリとして迎えた2020年は、第8戦イタリアGPでF1初優勝を飾った。

2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が初優勝

 アルファタウリでの続投が決まったガスリーは、チームのプレスリリースで「スクーデリア・アルファタウリとともにもう1シーズン(レースを)続けることになって本当に嬉しい」とコメントを発表した。

「今年は本当に上手くいっているし、チームの歴史上最も成功したシーズンを送っている。僕たちにはとても強力な関係性があるし、僕たちに起きるあらゆる機会をなんとかものにしている」

「そのなかでベストだったのが、イタリアGPだ。モンツァでF1初優勝を挙げたことは、僕にとって非常に特別な瞬間だったし、チームの歴史においてふたつ目の勝利をもたらすことができて言うことなしだ。僕はそれをとても誇りに思っている」

「チームをプッシュするために全力を尽くすつもりだ。来年のチャレンジや、最高のファッションブランドであり、レーシングチームであるアルファタウリと続けていくこと、そして将来もっと成功を収めるためにできる限りパフォーマンスを発揮していくことを楽しみにしている」

 なお、ガスリーのチームメイトについてはまだ発表されていない。

2019年F1第20戦ブラジルGP 優勝したマックス・フェルスタッペン、2位のピエール・ガスリー
2020年F1第8戦イタリアGP 表彰式後に談笑するピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)、ランス・ストロール(レーシングポイント)
2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第8戦イタリアGP 山本雅史(ホンダF1 マネージングディレクター)&ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)