米抗議デモ、連夜の暴徒化

黒人射殺、90人超拘束

©一般社団法人共同通信社

27日、米フィラデルフィアを行進するデモ隊(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米ペンシルベニア州で警官が黒人男性を射殺したことに抗議するデモが27日、同州フィラデルフィアで行われ、2日連続で一部が暴徒化し商店などが略奪された。地元警察は26日と合わせ、現場で計90人以上を拘束した。

 地元メディアによると、デモの大半は平和的だったが、参加者の一部が店舗の破壊や略奪を行った。

 死亡した男性はウォルター・ウォレス・ジュニアさん(27)。地元警察などによると、所持していたナイフを手放すよう警告したにもかかわらず近づいてきたため、2人の警官が少なくとも計14発を発砲した。ウォレスさんは精神的な問題を抱えていたとされる。