アルファタウリ・ホンダF1代表、ガスリーの残留を喜ぶ「この先何年もレッドブルファミリーに残ることを願っている」

©株式会社サンズ

 スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは10月28日(水)、2021年シーズンもピエール・ガスリーを起用することを発表した。

 2017年のシーズン途中でトロロッソからF1にデビューしたガスリーは、2018年のフル参戦を経て2019年にレッドブルへ昇格。シーズン後半にはアレクサンダー・アルボンと入れ替わる形でチームに再加入すると、ブラジルGPで初表彰台を獲得し、今年はイタリアGPでF1キャリア初優勝を飾った。

 そんなガスリーについてチーム代表のフランツ・トストは、ガスリーが来シーズンも残留することを嬉しく思っており、チームに戻ってきて以来高いパフォーマンスを発揮していることに満足しているという。

「ピエールが2021年シーズンも我々とともにいてくれることを嬉しく思う。彼は何年もレッドブルドライバーの一員であり、この先何シーズンもレッドブルファミリーに残ってくれることを願っている」

「昨年彼がチームに戻ってきて以来、一貫して極めて素晴らしいパフォーマンスを示している。2019年にブラジルで、そして今年のイタリアGPではチームのホームレースで優勝し、2度表彰台を獲得した」

2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

「毎戦クルマのポテンシャルを引き出して、エンジニアたちに有益なフィードバックをしており、彼の素晴らしいレース技術のおかげでピエールは非常に競争力があるということを証明してきた」

「精神的にとても強く、常にやる気があって、目標を設定したらそれを達成するために全力を尽くしている。この協力関係を延長して、2021年シーズンを一緒に成功させることを楽しみにしている」

 今回の発表に際してチームが発表したプレスリリースでは、ガスリーが2021年シーズンもアルファタウリ・ホンダの一員として戦うということのみが記されており、チームメイトに関する情報はまだ何も発表されていない。

 レッドブル・ホンダとアルファタウリ・ホンダにおいて、2021年の動向が明らかになっているのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とガスリーのみ。残るシートに関しては、アルボンやダニール・クビアト、そして角田裕毅などを含む様々な情報が飛び交っているが、正式な発表を待ちたいところだ。