「Xbox Series X」を発売に先駆けて開封レビュー!次世代機の魅力を写真たっぷりでお届け

©株式会社イクセル

2020年11月10日にいよいよ国内販売が開始となる、マイクロソフトの次世代機「Xbox Series X」および「Xbox Series S」。今回発売に先駆けて「Xbox Series X」の実機を提供いただいたので、開封の様子や筐体の外観などを紹介します。

まずは外箱の様子から。表面にはXbox Series Xを斜めの角度から捉えた大胆なカットが、裏面には「JUMP IN」というキャッチコピーとともに「HALO」のビジュアルが描かれています。

外箱はこのような形で開封することができます。少々開けづらさはありますが、本体がしっかりと梱包材に覆われているので安心です。

外箱から出した状態のXbox Series X。黒いビニールが巻かれているので、これを外すといよいよお目見えです。

というわけで、ついに姿を現したXbox Series X。表面は、Xboxのロゴを模した電源ボタン、ディスクトレイ、USB接続端子が1つと、かなりシンプルな印象です。

背面には、USB接続端子が2つ、LANケーブルの接続端子、HDMIケーブルの接続端子、ストレージ拡張用のスロットが用意されていました。

Xbox Series Xのビジュアルで最も特徴的なのは、やはり上部の網部分ではないでしょうか。ここにはファンが搭載されており排熱を行っています。エアフローは本体下から空気を取り込み、上部へ熱を逃がす仕組みになっているので、起動中は塞がないようにする必要があります。また、上部に穴が空いているという仕組み上、使っていない間の埃対策も考えておくと良さそうです。

そのため、Xbox Series Xは横置きにも対応していますが、空気を取り入れる面と排熱する面が普通の本体と異なっている点には注意が必要です。

Xbox Oneと比較するとこのような感じに。横幅は増えましたが奥行や縦の長さは短くなっていて、かなりコンパクトな印象です。

Xbox One Xと比較するとこのような感じ。サイズ感や質感はかなり近いものがあります。

さらに一世代前のXbox 360も加えて並べてみました。

実際にテレビの横に置いてみました。スタイリッシュな本体は一見するとゲーム機には見えず、まるでインテリアの1つのようです。

続いて、付属するゲームパッドをチェックしていきましょう。ぱっと見は、Xbox Oneの純正ゲームパッド「Xbox Wireless Controller」からあまり変化はありませんが、ビューボタンとメニューボタンの間に新しく「シェアボタン」が追加されました。また、十字キーが皿状になったことで親指がおさめやすくなっています。

これは実際に握ってみると強く実感することになるかと思いますが、背面のすべり止めは、より立体的になりパワーアップを感じるポイントでした。Xbox Series Xのコントローラーではトリガーボタンにもすべり止めが追加されているので、グリップ感はこれまでの中で最も優れていると言えるでしょう。

旧ゲームパッドとの比較。
左がこれまでのもので、右がXbox Series Xのもの。質感もマットになっています。

以上がXbox Series Xの開封レビューとなります。Xbox Series Xは、その形状からコンソール機というよりはコンパクトなゲーミングPCのような面持ちで、外見からも次世代機の可能性を感じさせてくれるものでした。また、コンパクトながらずっしりとした重さもあり、所有欲も満たしてくれそうです。

Xbox Series X
https://www.xbox.com/ja-JP/consoles/xbox-series-x