広島・堂林が自己最多更新51打点

©株式会社東京スポーツ新聞社

広島・堂林翔太

広島・堂林翔太内野手(29)が節目の50打点に到達した。「7番・三塁」で先発出場した28日のヤクルト戦(マツダ)では初回に迎えた二死満塁のチャンスで相手先発・石川から左前打を放って2打点をマーク。自身のキャリアハイをさらに更新する51打点目を挙げ「使ってくれている監督、コーチのおかげでこういう結果が出ている。感謝の気持ちです」と口にした。

完全復活をアピールした今季の残りは10試合で〝完走〟は目前。それでも「攻められ方も変わってきてそれに対応ができていない。来年につながるところ。打席に立たせてもらって課題が見えてきている」と油断する様子はなかった。