西淀川区長だより

©株式会社VOTE FOR

コロナ感染拡大防止に当たり、区民の皆さま、事業者の皆さまには、ご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
さて、今回のコロナ禍で、ライフスタイルやビジネスモデルは大きく変わり、コロナを乗り越えても完全に元に戻ることはなく、かなり変化するのだろうと思います。勿論、元に戻すべきものもありますが、変化への対応を求められているものもかなり多いのではないでしょうか。
私は前職が大型商業施設経営でしたが、消費者の方々の行動を見ておりますと、前年、十分満足されたことを、翌年同じようにやりますと、満足度が低下することは明白でした。消費者の方々の満足水準は年々向上しており、コロナ禍期の辛抱は別として、今後も向上していくものと思われます。そうなりますと何らかの「進化」が必要になります。
「進化」のイメージからすれば規模拡大とか技術革新というようなことが思い浮かびますが、これからの時代に求められるもののひとつに「知恵の活用による持続可能な成長」が入ってくると私は思います。
最近、SDGs(*)という言葉をよく耳にするようになりましたが、このSDGsを義務的課題ではなく、「新たな価値創出」の切り口として考え「進化」させていくことを、地域の皆さま、そして事業者の皆さまと一緒に考える機会を今後もたせていただき、皆さまとともに「活気があり、笑顔にあふれ、常に進化するまち」を築いていきたいと思います。

西淀川区長 中島 政人

(*)SDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)
2015年9月の国連サミットで採択。2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。17のゴール・169のターゲットから構成。