フィリピンの東で台風19号発生 今後も西寄りに進む見通し

©株式会社ウェザーマップ

29日(木)午前3時の台風19号の位置と進路予想

 29日(木)午前3時、フィリピンの東で台風19号が発生した。

 台風の中心気圧は1008ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、1時間に約15キロの速さで西北西に進んでいる。

 台風は、発達しながら今後も西寄りに進み、週明けにかけてフィリピンに接近する見通し。日本への直接の影響はない見込みだが、沖縄は週末から波への影響が出るおそれがあるため、船舶などは注意が必要となる。