「マネーマネー」と外国人装いセブン強盗、容疑で男逮捕 山田うどんでも強盗…携帯電話10万円借金あって

©株式会社埼玉新聞社

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区高砂

 9月に埼玉県行田市の飲食店に押し入ったとして男が逮捕された事件で、同日に別のコンビニエンスストアにも押し入ったとして、県警捜査1課と行田署の合同捜査班は28日、強盗と建造物侵入、銃刀法違反の疑いで、加須市中種足、無職の男(37)=強盗致傷罪などで起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は9月29日午前2時38分ごろから40分ごろまでの間、行田市埼玉のセブンイレブン行田埼玉店に侵入、アルバイト男性(54)に包丁(刃渡り約16センチ)を突き付けて脅迫し、現金5万5千円を奪った疑い。

 同課によると、男は「マネー、マネー」などと外国人を装って現金を要求。県警は同日に行田市の「山田うどん食堂行田バイパス店」に押し入ったとして、10月3日に男を逮捕していた。男は「携帯電話の10万円の借金があり、どうしてもお金が必要だった」と容疑を認めているという。昨年10、11月に鴻巣市と上尾市の牛丼店で発生した強盗事件への関与もほのめかしており、関連を調べる。