大宮駅から乗ったタクシー強盗犯を逮捕 降車した本川越駅付近で売上金奪い、乗車料金を踏み倒した疑い

©株式会社埼玉新聞社

川越署=埼玉県川越市大仙波

 埼玉県の川越署は28日、強盗容疑で滑川町福田、自称アルバイトの男(22)を逮捕した。

 逮捕容疑は今年9月21日午後11時50分ごろ、川越市新富町1丁目の西武新宿線本川越駅付近の路上で、タクシーを降車する際、運転手の男性(58)の首に刃物様の物を突き付け「金をよこせ」と脅迫、車内にあった売上金など約5万円を奪ったほか、乗車料金7200円を踏み倒し、逃走した疑い。男は、さいたま市の大宮駅前から乗車した。犯行現場付近の防犯カメラの映像などから男を割り出した。「私がやりました」と容疑を認めているという。