矢島舞美、「ルパンの娘」で深田恭子とハードアクション対決

©株式会社東京ニュース通信社

矢島舞美が、フジテレビ系連続ドラマ「ルパンの娘」(木曜午後10:00)の11月5日放送・第4話にゲスト出演する。「前作も見ていました! 見ていた作品に自分が出演することができるんだ!と、すごくうれしかったです」と感激している。

本作は、作家・横関大氏の同名小説を原作に、昨年7月クールに放送された深田恭子主演の「ルパンの娘」の続編。前作は、泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、それを追う刑事・桜庭和馬(瀬戸康史)との許されない恋を描きつつ、周囲で巻き起こる事件をアクション満載で解決して好評を博した。今作では、前作のラストで遂に結ばれた華と和馬と家族のその後を描いている。また、深田ら前作のキャストに加え、橋本環奈、松尾諭、我修院達也、伊吹吾郎が新加入している。

矢島が演じるのは、三雲華(深田)がママ友たちと訪れる喫茶店のオーナー・雨宮翔子。翔子には表向きの顔とは別に裏の顔もある役柄で、深田とのアクションシーンも用意されている。矢島は「お相手は深田さんで、一対一なので緊張するけど頑張ろう!と思いました。私は精いっぱい演じましたが、逆に深田さんが『膝、大丈夫?』などと気を使って、優しく接してくださいました」と撮影を振り返る。

翔子がどのような形で、華と対峙(たいじ)するのか、さらには矢島が「全力を出し切れました」と語った渾身(こんしん)のアクションシーンの出来栄えについては「リハーサルで教えていただいた手の伸ばし方などのしぐさを、収録まで何回もシミュレーションして挑んだので、本番ではそれを爆発させることができたと思います」と手応えを感じている。

そして「ストーリーについては、ある重要な登場人物に“まさか!”という衝撃を、今作の第1話からずっとご覧いただいている皆さんは感じるのではないかと思います。個人的に注目していただきたいのは、翔子の豹変(ひょうへん)ぶりです。もう、ガラッと変わりますよ。私も前作から一視聴者として見ていたので、アクションや登場人物たちのキャラクター、まさかの展開を引き続きお楽しみください」とメッセージを寄せている。