佐藤健、『恋つづ』“胸キュン”ミッションに苦労「女心は難しいものが…」

©株式会社マイナビ

今年1月期に放送されたTBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で天堂浬を演じた俳優の佐藤健が、「東京ドラマアウォード2020」で助演男優賞を受賞。29日、都内で行われた授賞式に出席した。

『恋つづ』は、超ドSドクターに一目ぼれをしたことでナースとなった主人公の恋と成長を描いた胸キュンラブストーリー。偶然の出来事で運命の男性となるドクターと出会った主人公の新米ナース・佐倉七瀬を上白石萌音、七瀬が一目ぼれをした超ドSドクター・天堂浬を佐藤が演じた。

佐藤は、天堂役について「エネルギーもいりますし、世の女性の方たちを胸キュンさせるというミッションを課せられたのはいいんですけど、なかなか女心がわかるかというと難しいものがあったので、プロデューサーの方たちにシーンごとに聞きながらやらせていただきました」と振り返った。

そして、上白石演じる七瀬の一途な気持ちを受け止めるという演技について、「自然と彼女を見ていると魅力的な女性だなというか、かわいいなと思うことができたので、そういう意味ではすごく芝居はやりやすかったです」と話し、「バカ」などドSキャラならではの発言について「普段言えないことを芝居を通してやらせていただくという意味では楽しくやらせていただきました」と語った。

「東京ドラマアウォード」は、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰。今年の受賞作品・受賞者は以下の通り。

「東京ドラマアウォード2020」受賞作品・受賞者

■作品賞〈連続ドラマ部門〉
グランプリ 『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)
優秀賞 『これは経費で落ちません!』(NHK)
優秀賞 『あなたの番です』(日本テレビ)
優秀賞 『俺の話は長い』(日本テレビ)
優秀賞 『凪のお暇』(TBS)
優秀賞 『恋はつづくよどこまでも』(TBS)
優秀賞 『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』(テレビ東京)

■作品賞〈単発ドラマ部門〉
グランプリ 『教場』(フジテレビ)
優秀賞 『ストレンジャー~上海の芥川龍之介~』(NHK)
優秀賞 『スイッチ』(テレビ朝日)
優秀賞 『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』(テレビ東京)
優秀賞 『2020 年 五月の恋』(WOWOW)

■ローカル・ドラマ賞
『となりのマサラ』(NHK福岡放送局)
『ひまわりっ~宮崎レジェンド~』(テレビ宮崎)

■個人賞
主演男優賞 生田斗真 『俺の話は長い』(日本テレビ)
主演女優賞 黒木華 『凪のお暇』(TBS)
助演男優賞 佐藤健 『恋はつづくよどこまでも』(TBS)
助演女優賞 伊藤沙莉 『これは経費で落ちません!』(NHK)
脚本賞 金子茂樹 『俺の話は長い』(日本テレビ)
演出賞 塚原あゆ子 『グランメゾン東京』(TBS)

■主題歌賞
Official髭男dism「I LOVE...」(『恋はつづくよどこまでも』主題歌)

■海外作品特別賞
『清平楽』中国
『愛の不時着』韓国
『カルマの檻』タイ