小栗旬・星野源が初共演 『罪の声』 劇場型犯罪めぐる運命

©株式会社ラジオ関西

昭和史最大の未解決事件をモデルとした映画『罪の声』が10月30日(金)から、OSシネマズミント神戸、アースシネマズ姫路、TOHOシネマズ梅田などで全国ロードショー。

脅迫テープに残された子どもの声 「俺の声だ―」

食品会社を標的とした35年前の企業脅迫事件。誘拐、身代金要求、毒物混入……数々の犯罪を繰り返し、警察やマスコミを挑発し、世間の関心を引き続けた挙句に忽然と姿を消した謎の犯人グループ。すでに時効を迎えた劇場型犯罪だ。

新聞記者の阿久津は、この未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、取材を重ねる毎日を過ごしていた。一方、京都でテーラーを営む曽根はある日、父の遺品の中に古いカセットテープを見つける。それは、事件で犯人グループが身代金の受け渡しに使った脅迫テープと同じ声だった! 2人は運命に導かれるように出会い、大きな決断をする―。

35年前の企業脅迫事件をモデルとした小説がついに映画化。主人公は事件に翻弄されながら真実に向かって進む男2人。新聞記者・阿久津を演じるのは小栗旬。子ども時代に事件へ関わっていたことを偶然知る曽根を演じるのが星野源。映画初共演だ。

原作は、神戸が生んだ作家・塩田武士のベストセラー。犯人グループは当時、食品会社を狙って誘拐や毒物混入を繰り返し、関西弁のユニークな挑戦状をマスコミに送り付ける劇場型犯罪を展開した。

塩田は「21歳のとき、私は事件に子どもの声が利用されていることを知った。犯人グループは身代金受け渡しの指示書代わりに、子どもの声が入った録音テープを流したのだ。一説には3人の子どもが関わっているとされるが、私は最年少の未就学児と同世代で、しかも同じ関西に育った可能性が極めて高い。どこかですれ違っているかもしれない……そう思った瞬間、全身に鳥肌が立ち、どうしてもこの子どもたちの物語を書きたくなった」として取材に15年かけた、という。

塩田は当初、映像化は容易ではないと考えたそうだが、「阿久津役に小栗旬さん、曽根役に星野源さんと伺ったとき、自分のイメージを超える配役だと膝を打った」と語っている。

一方、キャストの小栗は「原作を読み終えたあと、開けてはいけないと言われている扉をあけてしまったような興奮と不安を持ったことを覚えています」と話し、星野は「この作品のストーリーを聞き、その発想と恐ろしさに激しく鳥肌が立ったのを今でも覚えています」として、いずれも原作が持つ圧倒的なリアリティに惹きつけられている。

「正義」とは何か? 「罪」とは何か? ヒューマンミステリー大作・映画『罪の声』は10月30日(金)、全国ロードショー。(SJ)

◇映画『罪の声』

キャスト:
小栗 旬 星野 源
松重 豊 古館寛治
市川実日子 火野正平/宇崎竜童 梶芽衣子

原作:塩田武士『罪の声』(講談社文庫)
監督:土井裕泰
脚本:野木亜紀子
音楽:佐藤直紀
主題歌:Uru『振り子』(ソニー・ミュージックレーベルズ)

配給:東宝
(C) 2020 映画「罪の声」製作委員会