パナソニック、高速SSD「インテルOptaneメモリー H10」搭載のモバイルノートPC

©株式会社BCN

パナソニックは、ショッピングサイト「Panasonic Store」でモバイルノートPC「カスタマイズレッツノート」の「SV9」シリーズに、インテルOptaneメモリーとインテルQLC 3D NANDストレージを組み合わせた高速SSD「インテルOptaneメモリー H10(ソリッドステート・ストレージ対応)」を搭載したモデル「CF-SV9WSYQP」を11月20日に発売する。価格は35万9700円から。

CF-SV9WSYQP

新製品は、応答性に優れたインテルOptaneメモリーとクアッド・レベル・セル(QLC)技術で大容量を実現するインテル3D NANDストレージを一つのM.2 SSDに統合したインテルOptaneメモリー H10(ソリッドステート・ストレージ対応)を搭載。高速アクセラレーションを実現することで、PCやアプリケーションの起動を高速化し、高い負荷のかかるマルチタスクでも快適な応答性を発揮する。待ち時間を減らし、生産性を向上できる。

同一CPU/メモリの現行モデル「CF-SV9WSJQP(SSD1TB/ブルーレイディスク/LTE(4G)対応を選択時)」と比較してランダムアクセスの速度が約71%アップ。OSの基本操作やアプリの起動、ウェブブラウジングなどが高速化し、快適な作業を実現する。

また、高い応答性に加え、ビジネスに必要な業務データや動画など容量の大きなデータも、いつもノートPC1台に入れて持ち歩ける1TBの大容量ストレージを採用。外付けのHDDを携帯する負担や紛失リスクも軽減できる。

CPUには、第10世代インテルCore i7-10810Uプロセッサー1.10GHz 6コア(インテルvProテクノロジー対応)を搭載。高パフォーマンスを支える独自設計「Maxperformer」を採用し、高速性能を維持する放熱設計とCPUの適切な電力制御チューニングによって、コンパクトボディでも高負荷時のパワー維持と低負荷時の省電力化を両立した。さらに、スリープ状態から素早く復帰できる「モダン スタンバイ」に対応している。