伊藤沙莉、石坂浩二が魅力を熱弁「新しい“準主役”という感じ」

©株式会社マイナビ

女優の伊藤沙莉が「東京ドラマアウォード2020」で助演女優賞を受賞し、29日、都内のホテルで行われた授賞式に登壇した。

連続ドラマ部門の優秀賞にも輝いた『これは経費で落ちません!』(NHK)で受賞した伊藤は、7月に「第57回ギャラクシー賞」でも個人賞を受賞している。

司会の石坂浩二は「いろいろキャラクターの強い方たちが周りにいて、その中で奮闘なさっている姿がとても良かったです」と絶賛。それに対し、伊藤は「部長役の吹越満さんとか、もちろん(主演の)多部未華子さんとか、皆さんでお芝居のアドバイスをしてくださったので、本当に皆さんに作り上げていただいた佐々木真夕(役)でした」と謙虚に話した。

伊藤が降壇した後も、石坂はその魅力を熱弁。「(女優の)目立ち方はいろいろあるんですけど、彼女は新しい準主役という感じですね」と、ほれぼれしていた。

「東京ドラマアウォード」は、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰するもの。

今年の受賞作品・受賞者は以下の通り。

「東京ドラマアウォード2020」受賞作品・受賞者

■作品賞〈連続ドラマ部門〉
グランプリ 『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)
優秀賞 『これは経費で落ちません!』(NHK)
優秀賞 『あなたの番です』(日本テレビ)
優秀賞 『俺の話は長い』(日本テレビ)
優秀賞 『凪のお暇』(TBS)
優秀賞 『恋はつづくよどこまでも』(TBS)
優秀賞 『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』(テレビ東京)

■作品賞〈単発ドラマ部門〉
グランプリ 『教場』(フジテレビ)
優秀賞 『ストレンジャー~上海の芥川龍之介~』(NHK)
優秀賞 『スイッチ』(テレビ朝日)
優秀賞 『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』(テレビ東京)
優秀賞 『2020年 五月の恋』(WOWOW)

■ローカル・ドラマ賞
『となりのマサラ』(NHK福岡放送局)
『ひまわりっ~宮崎レジェンド~』(テレビ宮崎)

■個人賞
主演男優賞 生田斗真 『俺の話は長い』(日本テレビ)
主演女優賞 黒木華 『凪のお暇』(TBS)
助演男優賞 佐藤健 『恋はつづくよどこまでも』(TBS)
助演女優賞 伊藤沙莉 『これは経費で落ちません!』(NHK)
脚本賞 金子茂樹 『俺の話は長い』(日本テレビ)
演出賞 塚原あゆ子 『グランメゾン東京』(TBS)

■主題歌賞
Official 髭男 dism『I LOVE...』(『恋はつづくよどこまでも』主題歌)

■海外作品特別賞
『清平楽』中国
『愛の不時着』韓国
『カルマの檻』タイ