『#リモラブ』松下洸平&川栄李奈、マスク越しキスシーンに反響

©ブロードメディア株式会社

ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』第3話場面写真(C)日本テレビ

女優の波瑠が主演を務めるドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第3話が28日に放送され、青林(松下洸平)と恋人の我孫子(川栄李奈)のマスク越しのキスシーンに、「完全に新時代のキス」などの反響が相次いだ。

本作は、面倒な恋愛より1人がいいと悠々自適の人生を送っていた産業医の主人公・大桜美々(波瑠)が恋のぬくもりを不器用に追い求める姿を描いたラブコメディー。

美々がSNSでやり取りをして思いを寄せていた“檸檬”の正体は人事部の青林だった。しかし兼ねてから美々に片思いをしていた五文字(間宮祥太朗)は、周囲の人たちの勘違いを利用して、自分が檸檬だとウソをついて美々との交際をスタートさせる。

一方、現実世界では営業部の我孫子と結婚を前提にした交際をしている青林。彼はひょんなことから我孫子に“セフレ”がいることを知ってしまう。セフレの存在をとがめる青柳に対して、悪びれる様子もない我孫子。平行線の話し合いが終わり、その場を立ち去りかけた我孫子はマスクのまま、マスクをつけた青柳にキスをする。2人のマスク越しのキスシーンに、ネット上には「最高やん、ふふふ」「これは完全に新時代のキスだ」「ヤバいめっちゃいい」など声が相次いだ。

そんな2人のキスを偶然通りかかり目撃してしまった五文字は、思わず心の中で「エロい…マスク…むしろ逆にマスクがエロい…」とつぶやいてしまう。五文字の心の声に対して、ネット上には「分かる!」「待ってゴモちゃん私と全く同じ意見www」「確かにシチュエーションとしては良い」といった共感も寄せられていた。