ドンキ前社長、株不正取引か

証券監視委が強制調査

©一般社団法人共同通信社

 ドンキホーテホールディングス(HD、現パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)に対する株式公開買い付け(TOB)を巡り、当時現職だったドンキ前社長らによる不正な株取引が行われた疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が関係先を強制調査していたことが29日、関係者への取材で分かった。

 監視委は、前社長がTOBの公表前に知人男性に利益を得させる目的でドンキ株の購入を勧めた疑いがあるとみている。知人らは公表前後の株の売買で利益を得たとみられる。監視委は昨年11月と今夏に関係先を強制調査。押収資料の分析を進め検察当局への告発の可否を検討している。