「スイーツ丼」6年ぶり登場 さいかい丼フェア11月末まで

©株式会社長崎新聞社

かんきつ類で作ったシャーベットなどを盛り合わせた「新甘柑丼」=道の駅さいかい・みかんドーム

 長崎県西海市の山海の幸など使い、店ごとに工夫を凝らした丼を提供する「第23弾さいかい丼フェア」が開かれている。11月30日まで。今年は飲食店のほか、洋菓子店も参加。「スイーツ丼」が6年ぶりに登場した。
 フェアは市や市観光協会、市商工会、店主らでつくるさいかい丼協議会が2007年から開催。さいかい丼は地元産の鮮魚や牛、豚肉などによる各店オリジナルの丼。宿泊施設やすし店など9店舗が880~3300円で提供している。
 スイーツ丼は3店舗が提供。フレージュ近藤(西彼町)では自家製プリンや旬の果物などをふんだんに詰め込んだプリン丼(1296円・要予約、テークアウトのみ)。道の駅さいかい・みかんドーム(西海町)ではみかんシャーベットなどを盛り合わせた新甘柑丼(800円)を用意した。
 メニューや地図を掲載したチラシを各店や市内の直売所などで配布している。問い合わせは市観光協会(電0959.37.5833)。