高岡早紀、愛犬たちからの熱烈歓迎な写真「楽しそう♪」

©エンタメプレックス

女優の高岡早紀(47)が28日、アメーバオフィシャルブログを更新。

愛犬からの“熱烈な歓迎”ショットを公開し、ファンから反響を呼んでいる。

舞台『エレファント・マン THE ELEPHANT MAN』(森新太郎演出)は、2020年10月27日~11月23日に東京・世田谷パブリックシアターにて上演。本公演は、19世紀イギリスに実在した人物を題材とした戯曲で、膨張した頭部、著しく変形した身体、その外見から「エレファント・マン」と呼ばれる青年の物語。1977年にロンドン初演、日本では劇団四季、文学座、ホリプロ制作等で上演され、近年では2014年から2015年にかけてブラッドリー・クーパーが、ブロードウェイとウエストエンドで公演を成功させた不朽の名作。

タイトルロール「エレファント・マン」務めるのは、アイドルグループ「ジャニーズWEST」の小瀧望。特殊メークを施さずにゆがんだ外面とゆがみのないジョンの内面を同時に表現する難役に挑む。小瀧と高岡のほかに、近藤公園、木場勝己、花王おさむ、久保田磨希、駒木根隆介、前田一世、山崎薫らが出演。

「舞台 "エレファントマン"」と題して更新したブログ。「なんとか無事に初日の幕が上がりました。。今回の"無事"という言葉には今までとは違う、色々な意味が含まれます」とつづり始めた高岡は、「こうして舞台に立てることに、心より感謝、そして、とてもとてもシアワセに思います」と心境をつづった。

続けて、「世田谷パブリックシアターの芸術監督の野村萬斎氏も、こういう時期だからこそ、静かな気持ちで観たい舞台だと言って頂きました」とも明かし、「更に素敵な作品になりますようにと願いを込めて、今夜もおやすみなさい。。」「追伸、娘たちの熱烈な歓迎に毎夜癒されます。。」と愛犬たちと戯れる写真でブログを締めくくった。

この投稿にファンからは、「無事に幕開け、おめでとうございます」「初日お疲れ様でした」「最後まで頑張ってください」などの声や、「いつも娘ちゃん達にも癒されありがとうございます」「楽しそう♪」「しあわせな笑顔が素敵♪」などの声も寄せられている。