SAY-LA[ライブレポート]新体制初ワンマンで力強く宣言“今のメンバーでSAY-LAの黄金期を作る”

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)

SAY-LAが10月29日、新体制としては初となるワンマン公演<SAY-LA autumn one man 2020>を渋谷WWWで開催した。この日のワンマンライブは、コロナ禍で2度の延期を重ねてようやく実現。制限された状況とはいえ、チケットはソールドアウトした。本記事ではその模様をお届けする。

【画像はこちら】

撮影:本間裕介

取材・文:長澤智典

「感情リバーシブル」のSEに誘われ、6人が舞台へ登場。ライブは「MARIA」で幕を開ける。彼女たちはキラキラ輝きを放つ楽曲に乗せ、澄み渡る歌声で“もっと感じてたい もっと続くように”と歌う。

続いて会場中に元気を振りまくように歌ったのが、「胸熱アンドロメダ」。この空間を、6人は無限の輝きを放つ場へと塗り替えてゆく。大好きな人のことを想うたびに高まる胸の内を、彼女たちは“愛おしすぎて胸が熱いよ”と力強く歌いながら、触れた人たちの心を胸熱でポジティブな気持ちへ導いていった。

MCでは、“今日はここを渋谷で1番熱い場所にしましょう”と元気に宣言。この日を思いきり楽しもうという気持ちが、メンバーたちの言葉からも伝わってきた。この日よりSAY-LAは新衣装。カッコよさと可愛らしさをミックスしたルックスも目を惹く。

<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)

次のブロックは、みんなで飛び跳ねながら沸き立つ想いを分かち合った「恋する君に恋してる」から。膨らみ続ける片思いの恋心を、6人は躍動するダンスポップナンバーに乗せ力強く歌っていた。切ない歌詞だが曲調がカラフルなように、フロア中の人たちが気持ち弾むビートに身を預け、拳やサイリウムの光をずっと揺らしていた。

“今日を最高の日にしよう”と、SAY-LAは胸にときめきを与える「3000年に一度のハピネス」を歌いだした。キラキラとした輝きを、心の奥へ奥へと注ぎ込む楽曲だ。舞台上の6人は、この場で出会えた喜びを分かち合うように“3000年に一度のハピネスを感じよう”と歌いかける。観客たちも彼女たちと触れ合えていることへ幸せを感じていたのか、にやついた顔で楽しんでいた。

少しセンチメンタルな香りも匂わせながら、咲山しほ、七聖真祐、藤沢泉美、星奈さなの順番で、素直になれない心の内を零すように歌を繫いでゆく。バラード曲「ごめんなさい」のサビを6人が声を合わせ“ごめんなさい”と歌うたびに、なぜか切なさが込み上げてきた。

MCでは、コロナ禍以降からの日々を振り返るように語る。中でも新曲の「感情リバーシブル」を通した濃い毎日について、新加入した3人のメンバーが想い出話をいろいろ明かし、リリース期間中に松屋で同曲が流れていたことを告白した。

<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)

次のブロックで披露したのが、その「感情リバーシブル」。爽やかな初夏の風を運ぶ曲調に触発され、身体が騒ぎだす。舞台の上で華麗に歌い躍る6人に向け、フロア中から熱い手拍子が起き、カラフルなサイリウムの光が上に上にと大きく揺れ動いていた。彼女たちも、この会場へときめく恋心を呼び込むように、晴れた歌声で“君だけが大好き”と力強く歌っていた。落ちサビ最後の星奈さなの“ごめんね”のセリフも、胸をドキッと騒がせた。

“次はSAY-LAの美味しい楽曲でメドレーを披露したいと思います”という藤沢の言葉を受けて届けられたのが、SAY-LA史上初となるパスタソングメドレー。初めて恋を知ったときの盲目な心模様を、6人は「初恋カルボナーラ」に乗せ、ときめきをつかむように輝く表情で歌っていた。

続く、情熱ラテン系ダンス曲「ガチ恋ペペロンチーノ」では、メラメラと沸き立つ恋の炎を燃やすように熱情したステージングを見せながら熱唱。最後はジャジーな「黒歴史イカスミパスタ」を通し、跳ねた演奏に躍動したダンスを重ね合わせ、大人の色気を醸し出した。

MCでは、沙藤まなかは「黒歴史イカスミパスタ」を歌ったことがきっかけで、初めてイカスミパスタを食べたことを語りだす。今後も、パスタシリーズが生まれそうな予感から、沙藤が“食べたことないけど、次はアラビアータの曲を歌いたい”と語ると、咲山しほは“ジェノベーゼ”と答え、自粛期間中に育てたバジルを使って、実際にジェノベーゼを作って食べたことを報告した。

<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)

ライブは終盤へ。メンバーがタオルを手に歌ったのが「YES,肯定ペンギン」。冒頭からメンバーたちの振り回すタオルの動きに合わせ、観客たちもタオルを回し出す。6人の力強い“YES”の掛け声に合わせ、フロア中からタオルや拳、サイリウムの光が突き上がったかと思えば、大勢の人たちがペンギンのようにその場でピョコピョコ身体を動かし、たくさんの仲間たちとともにこの瞬間を思いきり楽しんでいた。

次は「愛呼吸」だ。愛らしい歌声で、6人は“大好きだよ 大好きだよ”と想いを届ける。さらに胸踊らせる楽曲の上で、“愛してるよ”と力強く歌声を響かせていく。

続けて“僕らは心で繋がっている”と歌う「WE ARE ALL ONE」(SAY-LA Version)へ。今もまだまだ制限されたライブ環境だ。だからこそ、自粛期間中に生まれたこの歌に込めた想いへ触れるたび、胸が熱くなる。

彼女たちは歌いかける、“離れてても会えなくても 気持ちはひとつだよ 僕らは心で繋がってる”と。今はこうやって目の前で6人に会えている。でも、まだまだお互いの間にはルールといういろんな壁がある。それを壊すのではなく、守りながらお互いを求めあっているからこそ、この歌がいろんなことに気付かせてくれる。

SAY-LAが最後に届けたのは、胸を騒がせる「I LOVE YOU」。本当なら声を上げ、彼女たちと一緒に騒ぎたい。たとえ制限された環境であろうと、観客たちはその場で大きく身体を揺らし、拳を振り上げ、心の声を張り上げていた。メンバーたちも胸に手を当て、愛おしい想いを輝いた歌声に乗せて伝えてゆく。落ちサビを沙藤と藤沢が歌い繋ぎ、大サビをみんなで力強く歌う姿に、胸がずっと騒ぎ続けていた。

<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)

アンコールは、ふたたび会場中へキラキラした輝きを振りまくように「こじらせ片想い」からスタート。“君が好きです”の歌声に向け、“俺もー!!”と心の声を張り上げた観客も多かったに違いない。

ここで、メンバー1人ひとりが今日の感想を述べる。

加藤まい:

2月までわたしは普通に仕事をしていて、道を変えるのはすごく勇気がいることだった。でも大好きなSAY-LAの先輩方とこうやって一緒のステージに立てていることや、こうやってライブができていることが幸せだなと、今日改めて感じました。これからも成長していくのでよろしくお願いします。

七聖真祐:

わたしは言葉で伝えることが苦手ですけど、それを克服して、歌やパフォーマンスでたくさんの人の心を動かせけるようになりたいです。この活動は楽しいことばかりではないけど、みんなと力を合わせて、もっとたくさんの夢を叶えられるように頑張るので、応援よろしくお願いします。

星奈さな:

いつも綺麗なサイリウムを振って応援してくれて、本当にありがとうございます。その綺麗な光に何回元気をもらったか、何回ありがとうを言えばいいかわかりません。まだまだ未熟な面もたくさんあるし、歌や技術も磨きたいし、海外遠征とかやりたいことがたくさんあるので、これからも頑張っていきたいです。

沙藤まなか:

つらいことがあっても、SAY-LAでいれるからわたしは笑顔でいれるんだなと本当に感じています。SAY-LAのメンバーになって3年目、いつの間にか先輩として後輩を引っ張っていかなきゃならない立場になっていました。正直、自分の中にはたくさんの課題があるし、自信満々で引っ張っていける存在とはまだ言えないですけど。常に向上心を忘れずに、SAY-LAのために、今に全力を注ぎ込んで、SAY-LAをもっともっとみんなに愛されるグループにしていきたいなと思います。

咲山しほ:

わたしは今月でSAY-LAに入って2周年を迎えました。同じことを続けることの難しさとか、その先に結果があるとは限らないことへ不安を感じることもあるけど。こうして今もここに立っていれるのは、自分の中でしっかりとした目標があること。何よりも、このメンバー、スタッフさん、ファンの方がいてくれるおかげだと思っています。本当に感謝しても感謝しきれないです。私たちにはまだまだやりたいことがあるし、叶えたい夢がたくさんあるので、これからもこの6人で前へ進み続けます。

藤沢泉美:

日本武道館宣言をしたときのメンバーが、わたしだけになってしまいました。でも、日本武道館宣言を聞いて入ってきて、今こうしてここに立って頑張っているメンバーと、裏で支えてくれているスタッフのみなさん、どんなSAY-LAになってもついてきてくれるファンのみなさん、そんな優しい方に恵まれているから、わたしは今もこうして頑張れています。わたしはこれからも歴史あるSAY-LAを守りながら、さらに進化させます。これからはわたしが引っ張りながら、SAY-LAを夢に向かってしっかり続けられるグループにしていきます。これからもずっとSAY-LAについてきてください。

<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)

“日本武道館宣言をしてから2年半経ちました。来年が約束の期限ですけど、正直難しいと思います。でも、わたしたちはずっと頑張って前を向いて、ずっと走り続けるように、心を込めてこの曲を送ります”。藤沢がそう語ると、ファンの前で誓った約束をいつか必ず果たすことを、今のメンバーたちで確認するように、「三年後の約束」を歌いだした。

夢が本当に叶うかは、正直わからない。でも、あきらめない限り夢が消えることはない。この歌を初めて披露したのはもう2年半前になる。あの頃にいたメンバーは、今は藤沢しかいない。しかしその武道館宣言を知った上で加入してきた現メンバー全員がその目標を共有している。だったらここで、この6人で改めて日本武道館に立つことを宣言すればいい。そのステージに立つという夢の灯が消えない限りは、この歌に込めた想いを約束し続けると彼女たちは歌っていた。

キラキラとした最高の笑顔を浮かべ、“明日世界が終わっても自分らしくいたい”、“前へ進もう”と言葉を投げかけながら、最後に6人は「BELIEVE」を力強く歌いだした。彼女たち自身が輝く世界へ導く光となり、“いつでも心に輝き持って 自分の居場所を探していこう”と伝える。歌い終えると、藤沢は“今のメンバーでSAY-LAの黄金期を作る”と強く宣言した。

なおSAY-LAは、2021年1月4日、TSUTAYA O-EASTで新春ワンマン公演を開催する。また2月には、過去数本のワンマン公演の模様を収録したLIVE DVD-BOXを発売することも発表した。

<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)
<SAY-LA autumn one man 2020>渋谷WWW(2020年10月29日)

<SAY-LA autumn one man 2020>

ワンマンライブ

2021年1月4日

渋谷O-EAST

SAY-LAライブDVD BOX

2021年2月発売決定

今回行なわれたワンマンライブ映像のほか、過去数回のワンマンライブ映像も収録予定。