本田圭佑 代表を務めるNowDoが新プラン発表「学校だけでは学べないことを学べる機会を」

©株式会社東京スポーツ新聞社

本田圭佑

サッカー元日本代表MF本田圭佑(34=ボタフォゴ)が代表を務めるNowDoと第一学院高等学校(株式会社ウィザス)が24日に共同会見をオンライン上で行い、業務提携を結んだことを発表した。

NowDoの「世界中の誰もが夢を追い続けられる世界を創る」というコンセプトと第一高等学校の「『夢』を意識し、『夢』を持つ」という建学の想いにお互いが共感したことで、今回の業務提携が実現。これからの未来社会を担う中高生たちのキャリア形成を新しい形で支援し、社会で活躍できる人づくりを目指していく。

ビデオメッセージで出演した本田は「子供たちが学校だけでは学べないことをNowDoでは学べるような機会を提供している。まだ始まったばかりだが、これから充実したサービスにしていければ。また、このサービスは(中高生が)1ドルですべてのサービスを受け放題なので、その辺にも注目していただけたら」とコメント。第一高等学校の生駒富男理事長も「NowDoの発信メッセージによって、日本や世界の子供たちが意欲的になる機会を作りたい」と意気込みを示した。

今年度は試験的に運用した上で、本格的な運用は来年4月からスタートする予定となっている。