11~1月トヨタ世界生産最高へ

3カ月230万台計画、好調続く

©一般社団法人共同通信社

トヨタ自動車本社=4月、愛知県豊田市(共同通信社ヘリから)

 トヨタ自動車が11月~来年1月の3カ月間の世界生産について、前年同期比8%増の約230万台を計画していることが30日、関係者への取材で分かった。過去最高の水準となる見通しだ。新型コロナウイルスの収束を見通せていない中、9月も同月としては過去最高を記録しており、好調が当面続くと予測しているとみられる。

 29日発表した9月の世界生産は前年同月比11.7%増の84万1915台で、新型コロナによる落ち込みからの回復が鮮明となった。これまで順調に回復してきた中国に加え、欧米や日本も生産を拡大した。新型車の積極的な投入が功を奏している。