俳優、藤岡弘、さんが講演 松山聖陵高校

©株式会社愛媛新聞社

高校生活や若手俳優のころを振り返り、夢の大切さを説く藤岡弘、さん=30日午前、松山市久万ノ台

 松山聖陵高校(愛媛県松山市久万ノ台)の創立60周年記念式典の一環で、1期生の俳優、藤岡弘、さん(74)=久万高原町出身=が30日、同校で講演した。全校生徒約980人に対し、夢を持ち、挑戦することへの大切さを語った。

 藤岡さんは高校時代、道後から自転車で同校に通い、柔道部で汗を流したという。「生活が苦しくアルバイトの日々だったが、個性豊かな仲間と夢を語り合った。道後や大街道の映画館で日本や米国、フランスなどの映画を見てロマンを感じた」と振り返った。

 上京後は厳しい競争の中、「仮面ライダー1号」役でスタントマンなしでアクション演技をしたと回想。コソボやカンボジアなど紛争地でのボランティア支援にも触れた。「苦境にあったからこそ鍛えられ、成長した。世界は民族や国の境がなくなる大転換期にある。感謝と志を持ってあらゆることに挑戦し、世のため、人のために活動してほしい」と呼び掛けた。

 同校は1960年度に学校設立が認可され、61年度に男子私立校として開校。2008年度に共学化した。現在、普通科に特進、進学、情報、スポーツの4コース、工業科に自動車工学、機械、建築の3科がある。卒業生は19年度までで1万7727人。