三浦春馬さんをスタッフが語る! 明かされた人柄に「こんな俳優は他にいない」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

7月18日に亡くなった俳優・三浦春馬さんが主演を務めた、ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』。同公演のパフォーマンスを盛り込んだ特別映像が、10月27日に公式YouTubeで公開された。スタッフが語る三浦さんの姿に、ネット上では改めて惜しむ声が殺到している。

「本家ブロードウェイで、ロングランを記録する『キンキ―ブーツ』の日本版の主演を務めた三浦さん。真っ赤なロングブーツにブロンドの髪が印象的なドラァグクイーン・ローラ役を演じ、それまでの〝爽やかイケメン俳優〟イメージから脱却に成功。圧巻のパフォーマンスが話題となり、公演は即日完売となっていました」(芸能ライター)

今回公開された『Kinky Boots Haruma Miura Tribute movie』と題された約22分間の特別映像は、約12分のパフォーマンス映像の他、クリエイティブスタッフからのメッセージや、三浦さんがブロードウェイの劇場を訪れた際の様子などを収録。日本版公式ツイッターは、映像公開にあたり《皆さまの心に、三浦春馬さんのローラの輝きがいつまでも残りますように》とコメントを添えている。

「特に注目したいのが、スタッフが語る三浦さんの人柄。振付師のスタッフは『初対面で彼がどれだけ優しい心の持ち主かわかった』『彼は休みなく働き、持てる熱意や喜び、精神のすべてをこの作品に注ぎ込んだ』と語っていました。また、ディレクターは『彼はとても優しい心の持ち主でした』『いつも謙虚でとても親切』と、両者口をそろえて三浦さんのあたたかな人柄や真摯さに敬意を示しています」(ネットメディア編集)

同じ日本人としてとても誇りに思う

ファンに見せる顔だけでなく、裏でもスタッフから慕われていた三浦さん。ネット上では改めて

《みんな口を揃えて春馬くんの優しさに触れていたね》
《春馬くんはストイックに探究し、努力を続けた日本では珍しい俳優なんだって感じるコメント》
《凄く良かった! 春馬くんキラキラしていて本当にいないの? 周りの人たちを笑顔に出来る最高のエンターテイメントだよね。春馬くん安らかに…》
《みなさんからの評価が本当に変わらないですね》
《儚げな表情や寂しそうな表情すら色気を感じる。こんな俳優ほかにいないわ》
《同じ日本人としてとても誇りに思うと同時に、春馬くんの素晴らしさをもっともっと世界の人たちにも知って欲しかったと思います》

などと、功績をたたえる声が多くあがっている。

妖艶かつ華やかな姿で、力強いパフォーマンスを披露する三浦さん。亡きあともこんなにも多くの人を勇気づけるとは…。やはり大スターだったと言わざるを得ない。