上野動物園でゾウの赤ちゃん誕生

開園以来初、120キロの雄

©一般社団法人共同通信社

東京・上野動物園で開園以来初めて生まれたアジアゾウの雄の赤ちゃん=31日(東京動物園協会提供)

 東京都台東区の上野動物園は31日、飼育するアジアゾウの雌ウタイ(22歳)が雄の赤ちゃんを産み、1882年の開園以来初めてゾウの繁殖に成功したと発表した。母子ともに元気で、命名や公開日は今後調整する。

 赤ちゃんは31日午前5時44分、体高(足から背中までの高さ)約100センチ、体重約120.5キロで誕生。両親は2002年、天皇陛下の長女愛子さま誕生を祝ってタイから園に贈られたウタイと雄のアティ。アティは今年8月、結核にかかり23歳で死んでいる。

 園がゾウを飼育し始めたのは1888年。2003年からは、野生の生態に近づけて繁殖を促してきたが、難航していた。