言うことコロコロ変わりすぎ?ローラ、堂々のヴィーガン宣言に大反響

©メディアシンク株式会社

タレントのローラ(30)がヴィーガンを宣言し、反響を集めている。

ローラは26日にインスタグラムを更新し、「私がずっとハマってつくっているこのサラダ」と、自作のオーガニックサラダを披露。サラダには、キュウリや紫オニオン、オリーブ、キヌア、パクチー、ハラペーニョ、アルファルファなどが入っており、オリーブオイルと塩で味付けされたシンプルなもの。動物性たんぱく質がまったく入っていないが、ローラは、「実は環境問題の事をたくさん勉強してから、、お肉が与える環境へのダメージがものすごく大きいという事をしって1年ほど前からお肉を食べる事をやめたの」と肉を食べないようにしていると明かした。

ローラはこの取り組みについて、「でもこれはわたしの行い」としつつ、ファンに対し、「もし少しでも初めてみたい人がいたら週に2、3回やめてみるだけでもすごく大きな変化が生まれるとおもうんだ!!」と呼びかけていた。

しかし、ローラといえば、19年にもインスタグラムでヴィーガンの効果を説いていたにも関わらず、直後、インスタグラムで豚汁や肉じゃが、唐揚げの写真をアップし、物議に。ネットからは、「言うことコロコロ変わりすぎ」「去年の6月には食べてたけど、それからヴィーガンになったのかな?」「ビーガン風生活しながら肉料理して突っ込まれたらビーガンじゃないって言ったり今度はお肉食べないとか言ったり、結局どれなの?」というツッコミが聞かれました。

今度は本格的にヴィーガン挑戦となったのだろうか。