新型コロナ 高齢患者1人死亡 県内、14日ぶり感染確認なし

©株式会社山陽新聞社

岡山県庁

 岡山県は2日、これまでに新型コロナウイルスに感染していた高齢の患者1人が新型コロナで死亡したと発表した。死者の年代や性別、居住地は非公表。感染者の死亡は5人目で、新型コロナが直接の死因となるのは2人目。

 一方、県内では同日、新たな感染確認の発表はなかった。新たな感染者の発表がなかったのは10月19日以来14日ぶり。