国内新車販売、10月は29.2%増で13カ月ぶりプラス 前年に台風影響

©ロイター

[東京 2日 ロイター] - 10月の国内新車販売(軽自動車を含む)は、前年同月比29.2%増の40万6851台で13カ月ぶりのプラスだった。前年同月は前の年に比べ約25%減の約31万台と大きく落ち込んでいた。台風など悪天候の影響や消費税増税があった。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表したデータを合算した。