ヒロミの英語、中居正広は見たことがないが…60歳までにベラベラ宣言

©株式会社マイナビ

タレントのヒロミが、あす3日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『ザ!世界仰天ニュース 2時間スペシャル』(21:00~22:54)に出演する。

64歳から文字の読み書きを学んだ男性のVTRを見たスタジオでは、「やっておけば良かったこと」が話題に。矢田亜希子が「20歳までに英語をペラペラにしようと思っていた」と後悔を語り、中居正広も共感すると、ヒロミが「オレも60歳までにしゃべれるようになる」と宣言する。

何度も一緒にハワイを訪れているという中居が、ヒロミの英語を見たことがないとツッコむが、「60歳になったら鶴瓶さんとハワイで暮らすから(笑)」とやる気。「ヒロミはやるかもな!」と笑福亭鶴瓶も期待を寄せる中、中居のホテルやゴルフの手配まで「任せろよオレに」と豪語するヒロミと、自分でできると打ち明ける中居の掛け合いに、スタジオは爆笑となる。

ほかにも、青春の思い出を尋ねられた矢田が、中学1年生の頃のエピソードを披露。「2個上の先輩に憧れがあって好きな人がいて」と、卒業式に第二ボタンをもらうため先輩の元へ向かったが、大人気の先輩は「名札もブレザーのボタンも全部ないって言われちゃって」。大ショックを受けた矢田は泣きながら帰宅したが、その夜、なんと先輩が矢田の自宅を訪れたという。そこから、まるでドラマのような展開にスタジオが大興奮となる。