マラドーナ氏が入院

「精神的不調」と主治医

©一般社団法人共同通信社

ディエゴ・マラドーナ氏=2019年5月(ロイター=共同)

 【サンパウロ共同】サッカーの世界的スター選手だった元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏(60)が2日、首都ブエノスアイレス近郊ラプラタ市の病院に入院した。現地紙が報じた。主治医によると精神的な不調によるという。

 この1週間、気分の落ち込みが顕著だったと伝えられるが、症状は深刻ではなく、今後首都の療養所に移る予定。マラドーナ氏はサッカーのアルゼンチン1部リーグ、ヒムナシアの監督を務めている。過去にアルコール依存症の治療を受けていたこともある。