胆振東部地震の仮設住宅 解体工事はじまる 

©HTB北海道テレビ放送株式会社

おととし9月の胆振東部地震から2年余り。大きな被害を受けた厚真町で、仮設住宅の解体が始まっています。

震度7の揺れを観測した厚真町では、公園に建てられた仮設住宅で、壁や窓を取り外す作業が行われています。道によりますと、震災後、これまで厚真町、安平町、むかわ町であわせて最大188世帯が仮設住宅での暮らしを余儀なくされました。来月上旬までに、3町すべての仮設住宅で解体が始まります。厚真町では、仮設住宅の住民向けに建てられた災害公営住宅が先月完成し、被災者の新たな住まいでの暮らしが始まっています。1日に引っ越しをした工藤順子さん(82)は「(仮設住宅から)こっちにきて、うわっ広くていいなって、広くて喜んでいる」と話しています。