キリン堂、敷地内薬局を開設。淀川キリスト教病院に。「専門医療機関連携薬局」へのノウハウ構築視野か

©株式会社ドラビズon-line

【2020.11.02配信】キリン堂は、宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院(大阪市東淀川区)が公募する敷地内の薬局開局に応募し、選定されたことを告知した。

同社は2019年末の薬機法改正で新設される専門医療機関連携薬局に取り組みことを背景に挙げており、同病院との強固な連携によって抗がん剤などの高度薬学管理機能、知識を有する薬剤師の養成につなげたい意向がにじむ。

キリン堂の敷地内薬局は、2020 年 10 月 1 日に開局したキリン堂薬局金沢医科大店に次いで、2件目。
淀川キリスト教病院の敷地内薬局では、最新鋭の調剤機器、自動散剤分包機、自動水剤分注機の導入を予定。24時間体制で調剤をし、迅速かつ正確な調剤を自動で行うことで、服薬指導など充実した治療のサポートを行う次世代薬局を目指すとしている。

開局は 2021 年の秋ごろの予定。

薬機法改正で新設される「専門医療機関連携薬局」をめぐっては、専門の知識を有する薬剤師の養成のためには、豊富な症例を経験できる病院との連携が必要との指摘が多く、調剤を実施するドラッグストアにおいても連携の動きが活発化している。