【学ぶハワイ】ハワイの格言&ことわざ

©ハワイ州観光局

ハワイで言い伝えられてきたことわざや格言のことをハワイ語でʻŌlelo Noʻeau (オーレロ ノッエアウ)と言います。

日本でもたくさんのことわざや言い伝えがありますが、
ことわざとは、観察と経験、そして知識の共有によって長い時間をかけて形成された言葉であり、文化に属する者の思考に、意識的あるいは無意識的に影響を及ぼすものとされています。

その土地ならではのことざわや格言があり、ハワイにも先祖たちが残してきた言葉をご紹介します!

元々ハワイ語は文字を持たない口頭言語でした。
そのため、人々は話し言葉の中にたくさんの知識を蓄えて守り伝えてきました。
また、伝統文化でもあるフラを通して歌の内容を表現したり、文字がなくても言葉や踊りでコミュニケーションを図っていることもありました。

ハワイ語の格言やことわざをまとめた「ʻŌlelo Noʻeau」を、翻訳家、系図学者、クムフラ、諺の収集家として活躍し、常にハワイの道(ハワイのやり方)を生涯を通して愛し、それらを自ら身につけ、いつも心臓の近くに携えるレイのように大切にしてきたMary Kawena Pukui(メリー・カヴェナ・プクイ)氏が出版しました。

彼女が学び愛したハワイの道は、ハワイの人々のみならず世界中の人々にハワイの価値観を共有しています。