栃木ゴールデンブレーブスが北方悠誠の退団を発表 今後もドジャースに在籍

©株式会社Creative2

栃木・北方悠誠【写真:荒川祐史】

新型コロナでマイナーリーグが中止となり、9月から栃木でプレーしていた

ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスは4日、北方悠誠投手が退団すると発表した。

2011年のドラフト1位で唐津商からDeNAに入団した北方。2014年オフに戦力外となると、2015年にソフトバンク、2016年からはBCリーグの群馬や四国アイランドリーグplusの愛媛、BCリーグの信濃を渡り歩き、2019年は栃木でプレーした。

2019年途中にマイナー契約でMLBのドジャースへと移籍した。だが、今季は新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマイナーリーグの全試合が中止に。実戦機会がなくなったため、9月から栃木でプレーしていた。発表では、今後もドジャースに在籍するとしている。(Full-Count編集部)