門脇麦&水原希子、互いの演技を称賛「最高にカッコいい」「引き込まれる」

©株式会社マイナビ

女優の門脇麦、水原希子、俳優の高良健吾が5日、都内で開催中の『第33回東京国際映画祭』(TIFF)で行われた『あのこは貴族』(2021年2月26日公開)の舞台挨拶に、岨手由貴子監督とともに登壇した。

特別招待作品に選出された本作は、新進気鋭の岨手由貴子監督が、山内マリコ氏の同名小説を映画化した作品。都会の異なる環境を生きる2人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描く。主人公の箱入り娘・華子を門脇麦が演じ、地方から上京し、自力で生きる美紀役を水原希子、華子と美紀をつなぐことになる弁護士・幸一郎を高良健吾が演じた。

門脇と水原のシーンは別々に進行。門脇は「現場もすれ違ったりしなかったので、美紀のパートがどのような雰囲気になっているのか想像がついてなかったんですけど、違う映画なくらい」とまったく雰囲気が違うと言い、華子のパートは「固い感じ」であるのに対し、美紀のパートは「希子ちゃんが軽やかな方なので、のびがある軽やかなパートになっている」と話した。そして、「2人が交わる瞬間があったときに、こういう映画だったんだって思った」と続け、「とにかく希子ちゃんが演じる美紀が、最高にカッコよくてかわいくて素敵です」と水原の演技を称賛した。

水原も「華子のシーンがどう描かれているのか現場では想像つかなかったんですけど、タイトルが出てくるときの華子の表情が何とも言えない表情をしていて、あれだけで引き込まれる。とても魅力的で、カッコいいなと思った」と、門脇の演技を称賛。「お互い違う世界で生きているんだけど、人間の美しさを感じられる素晴らしい瞬間がある。女の子の映画なんだけど、全人間が共感できるような美しい部分が詰まっているんじゃないかなと思います」と作品の魅力を伝えた。