水原希子、美背中全開ドレスで映画撮影を回顧「あの時の自分にしか…」

©株式会社マイナビ

モデルで女優の水原希子が5日、都内で開催中の『第33回東京国際映画祭』(TIFF)で行われた『あのこは貴族』(2021年2月26日公開)の舞台挨拶に、門脇麦、高良健吾、岨手由貴子監督とともに登壇した。

水原希子

特別招待作品に選出された本作は、都会の異なる環境を生きる2人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描いた物語。主人公の箱入り娘・華子を門脇、地方から上京し、自力で生きる美紀役を水原、華子と美紀をつなぐことになる弁護士・幸一郎を高良が演じた。

水原は、シルバーのロングドレスで登場。美背中が全開のデザインで、後ろ姿から色気を放った。

そして、「撮影は1年半前くらいだったんですけど、脚本を読ませていただいたときに、美紀ちゃんとそのときの私がすごくリンクしている感じがした。美紀ちゃんは田舎から大学入学のために東京に出てきて、いろんな葛藤を乗り越えて強く生きている女性。そのタイミングで自分も起業したこともあって、すごくリンクする部分があった」と振り返り、「あの時の自分にしかできなかった特別な瞬間が詰まっている作品で、すごい思い出に残っています」と本作への特別な思いを語った。