鍋の具材がせり上がってくるだと!? つゆと具材を分けるニュータイプの鍋「ZHENMI POT」

©株式会社朝日新聞社

季節は秋から冬へと移り変わろうとしている今日この頃。肌寒いこの時期に恋しくなる料理と言えば「鍋」ですよね!筆者は秋田県出身なので「きりたんぽ鍋」が恋しくなりますが、みなさんはどんな鍋がお好きですか?

そんな鍋料理ですが、長い時間つゆにひたしてしまったせいで煮崩れしてしまったり、鍋の底にまだ具材があったことに片付けで気付いてもったいないと感じたりした経験ありますよね。今回はそんな鍋料理あるあるのネックを解消してくれる「ZHENMI POT」の紹介です。現在、

GREEN FUNDING

でクラウドファンディング中。2020年11月30日まで実施中で、13,800円から購入できます。

バスケットが上下に動く!?

「ZHENMI POT」最大の特徴は具材をのせているバスケットが上下に動くことにあります。

これは具材とつゆを分けるために行われます。この機能には3つのメリットがあります。

1、具材の煮込み過ぎを防ぐ鍋の食材は長時間つゆに浸していると、食感が悪くなってしまい味も落ちてしまいます。そこで昇降機能を使うことで、煮込み過ぎを防ぐことができます。帰りが遅くなる家族を待つ時や箸が止まってきた時に、この機能を使って具材の最高の味をキープする、というような使い方が考えられます。2、具材を取り出しやすい具材をつゆから引き上げることで、具材が見えやすくなります。これで「具材が鍋の底に沈んでいて見逃した。」なんてことから解消されるでしょう。また、具材とつゆを別々に取ることができるので、具材をつゆに落してつゆがはねて熱い思いをしたり、思い思いに取っていったらつゆが先になくなってしまったなんてことがなくなります。3、蒸し調理が可能バスケットを上げた状態で加熱することで、食材を蒸すことができます。また、バスケットで蒸し料理を作って下側ではスープを作るなど、同時調理による時短も可能です。

以上の3点が「バスケットが上下に動く機能」のメリットになります。

ワンプッシュで火力調整も昇降も

上記の機能以外にも鍋を美味しく、手軽に楽しむ機能が備わっています。

まずは、火力。最小火力は300w、最大火力は1200wで5段階で調整できます。そして、この火力調整もバスケットが上下する機能もどちらも本体下部のパネルだけで操作できる簡単さも魅力です。

これがあれば、同じ鍋料理でも違った味わいを楽しめるかも?

株式会社KOKOBI

*__CREDIT__
Videographer/Writer :Tatsuhiro Toshima
SNS/Curator :にしまり
*

Tatsuhiro Toshima