【阪神】福本豊氏、村上のイニング3盗塁に「僕は2つだけ」

©株式会社 サンテレビジョン

◾️阪神8-7ヤクルト/11月5日

 先発・西の乱調で阪神は序盤、1-7とリードされたが、4回、4本のタイムリーで7-7の同点に。5回、梅野のホームランで大逆転した。

サンテレビ ボックス席 (左)湯浅明彦アナ (右)福本豊氏/11月5日 阪神甲子園球場」

◾️面白いのに何で走らない?

 (初回、ヒットで出た近本がすかさず2盗。今季31個目) 

福本氏「(スタートは)ちょっと、気持ち、遅いですね」「(2年連続の盗塁王は)決まりですよ」

 (2回、ヤクルトの村上がヒットで出て2盗。ダブルスチールで3盗。さらに2塁牽制の間にホームスチールした) 

福本氏「ああ、やられた。(西は)全然、頭に入ってなかったですかね。こういうこと(2塁に投げれば3塁ランナーがスタートする)がね」

 湯浅アナ「1イニング3盗塁ですよ。ちなみに福本さんは…」

 福本氏「僕は(1イニング)2つしかないから…」 (スタッフが記録を調べる) 

湯浅アナ「1イニング3盗塁は、セ・リーグでは史上3人目。1953年、昭和28年、国鉄(現ヤクルト)の土屋(伍郎)選手以来、67年ぶり」

 福本氏「おお、すごい」

 湯浅アナ「パ・リーグでは1979年、日本ハムの島田誠さん」

 福本氏「ああ、誠ね」

 湯浅アナ「福本さんと盗塁王を争った島田さんが達成」 (通算1065盗塁、シーズン最高106盗塁(1972年)の福本氏が盗塁について語った) 

福本氏「瞬間的な、数秒間のスリルというのは、見てて面白いですよね」

 湯浅アナ「今の時代だったら、40盗塁、50盗塁したらすぐスターになれると、福本さん、おっしゃってましたが」 

福本氏「いや、そうですよ。何でみんな、走らないの?面白いよ」  

◾️思わず、うめき声

 (ホームラン王を狙う大山の第1打席) 

湯浅アナ「トップの岡本まで2本差です(岡本29本。大山と丸が27本)」

 福本氏「こんなチャンスはないからね。全打席、ホームラン狙ったらいい」

 湯浅アナ「全部ですか、残り4試合」

 福本氏「全部、狙う。…あの時、もうちょっとで取れたのにな(と思うより)、狙いに行って、悔いの残らないように」 (第1座席は三振。第2打席の初球、真ん中、高めの球を見逃す)

 福本氏「んんっ」

 湯浅アナ「福本さんのうめき声が聞こえました」

 福本氏「ホームランボールですよ。打ってください、高い所、ほら。打ったらカーンと行きますよ。(待ってたのと)違うボール、来たんでしょうけどね」

(結局、空振り三振。第3打席はタイムリーヒット。第4打席は三振)

・・・・・・・・ 

次回のサンテレビ ボックス席は、11月10日の阪神×巨人戦(藤川球児の引退試合)を甲子園球場から生中継する。(浮田信明)