監督キャリアの岐路に立たされたスールシャール…イングランド代表OB「エバートン戦の結果次第で…」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

元イングランド代表で解説を務めるポール・マーソン氏は、マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がキャリアの転機にいると言及した。

バシャクシェヒル戦の守備に不満のスールシャール…進退への質問は笑顔で一蹴「コメントするつもりはない」

ユナイテッドはプレミアリーグで15位に位置し、直近6試合で2勝と不振に。UEFAチャンピオンズリーグでは、イスタンブール・バシャクシェヒルに1-2と惨敗を喫して去就が騒ぎ立てられている。スールシャール監督は明言を避け、「気を引き締めなければならない」と発言するに留まる中、マーソン氏は週末のエバートンの結果が大きく影響を及ぼすと語った。

ライプツィヒ、逆転勝利でPSGに雪辱果たす!ユナイテッドはカウンターに屈し黒星

「スールシャールは厳しいプレッシャーに晒されている。正直言うとユナイテッドは最大のクラブであり、今の順位は受け入れらない。それだけでなくパフォーマンスも悪い。週末のエバートン戦は監督キャリアで最大の試合となるだろう。今の状態のユナイテッドではタイトルレースを争えない。リーグのトップは誰か?リバプールだよ。トップを維持するために選手25人を解雇することはできない。解雇されるのは監督だけだ」。

キャリアの岐路に立たされているスールシャール監督