神奈川・油壺温泉「スケルトンカヤックツアー」関東初登場!体験後は観潮荘で湾を眺めながらの露天風呂も

©株式会社WHyKNOT

都野雅子

ライター

都野雅子

ライター

おいしいものが大好きで飲食店を中心に取材しているフォトライター。山が好きで近くの箱根にはちょこちょこ出没するもなかなか時間がないのが残念なところ。そんな多くのユーザーと同じ目線で妄想を膨らませています。もう一度行きたいのは嬉野温泉。

都野雅子の記事一覧を見る

東京から車で約1時間半。静かな海と新鮮な海の幸で人気の三浦半島・油壺に、南国のアクティビティで人気のスケルトンカヤックが関東初登場。都心から日帰りでのんびり自然を満喫しながら油壺温泉で癒される。家族に嬉しい楽しみ方をご紹介します。

写真:水に浮いているような感覚が楽しいスケルトンカヤック

東京から車で約1時間半の観光地。ヨットハーバーでも有名な油壺

海の底が眺められるといえば昔からグラスボートがありますが、船が丸ごと透明というユニークさで人気なのがスケルトンカヤック。海との境目がなく本当に海に浮かんでいるかのような気分が味わえます。

このスケルトンカヤックが体験できるのは主に沖縄などの南国。美しい海を堪能できるとして評判のアクティビティの1つです。

そんなスケルトンカヤックを関東で初めて導入したのが三崎観光株式会社。場所は神奈川県三浦半島・油壺です。油壺の名前の由来には諸説ありますが、一説には海面がまるで油を流したようにトロリと静かな様子からつけられたとか。そのため古くからヨットハーバーがあることでも知られています。

透明度の高い静かな胴網海岸で関東初のスケルトンカヤック体験

スケルトンカヤックが体験できるのは胴網海岸。三浦半島に数ある海水浴場の中でもプライベート感満載の隠れ家的な海です。

こちらのツアーは、この胴網海岸から約徒歩5分の場所にあるホテル京急油壺 観潮荘とKOAJIRO SUP Toursを2015年より開催している合同会社チャートテーブルのコラボレーション企画。体験は10月1日からチャートテーブルでの予約が必要となります。

写真:歩いてすぐの場所の胴網海水浴場

体験場所は観潮荘と京急油壺マリンパークの間にある胴網海岸。坂道を下ればすぐ綺麗で静かな海が見えてきます。

ところで気になるのは南国のイメージが高いスケルトンカヤックをなぜ、導入したのかということ。

そこで、三崎観光の木村さんにお伺いしてみたところ、

「新しい生活様式が求められる中、屋外で人混みを避けて、三浦半島西海岸の澄んだ海と絶景をお楽しみいただけると思い導入いたしました。スケルトンカヤックをお楽しみいただける胴網海岸は、ホテル京急油壺観潮荘からすぐ近くにあり、海外のプライベートビーチのような雰囲気が特徴の小さな海岸です。関東でありながらも海水透明度が高いことで人気があり、また希少な北向き海岸であることから、波が荒れることが少なく、スケルトンカヤックを行う上では絶好の環境でした。」という回答が。

胴網海岸の透明度は高く、十分に海の底を眺める楽しさを味わえるそう。

岩礁はもちろん、代表的な魚として、ハゼ、シロギス、カレイ、マゴチ、ウミタナゴ、クロダイ、イシダイ,スズメダイ,ソラスズメダイ,メジナ、メバル、キュウセン,ニシキベラ,キヌバリ,カワハギ,ヒイラギ,マアナゴ,アオリイカ,ミズクラゲ,タコクラゲ,ムラサキハナギンチャクと数多くの魚の姿を見ることができます。

おいしそうな魚も多いので釣りが好きな人にもたまらないかもしれませんね。

10月1日から2時間ガイド付き周遊ツアーに。秋冬の澄んだ海での楽しみ方

写真:スケルトンカヤックは2艇あります。

スケルトンカヤックの体験がスタートしたのは、8月1日。実に9月30日までに約1200人が利用しています。

夏の間は胴網海岸周辺30分コースでしたが、10月1日からはたっぷり2時間ガイド付き周遊ツアーに変更。

夏の間は「海が澄んでいてとても奇麗だった」「海外の景色みたいで、非日常を楽しめました」と大人気でしたが、これからのシーズンの良さは「海の透明度がより一層増し、魚や岩礁を覗きながらお楽しみいただけます。また、天候によっては、西海岸ならではの富士山をも望むこともできます。」とのこと。

このツアーには観潮荘油壺温泉の無料券や観潮荘内のレストラン潮彩10%OFFの割引券駐車場6時間無料サービスも付いているので大自然の澄んだ海と空気を満喫した後は源泉掛け流しの塩化物温泉で温まりましょう。

写真:観潮荘の露天風呂からは海が見えます。
写真:今年の4月に誕生した油壺温泉。黒湯やモール泉と同様の成分で湯治にもオススメ

現在の比較的予約状況は空きがありますが、2日前までの完全予約制なのでお忘れなく。三浦半島は東京から近くて自然豊か。オススメですよ。

(取材・文:都野雅子、編集:hotspring727)