トッテナム会長、ソン・フンミン残留に向けてケインと同額の給与を準備か…

©フットボール・トライブ株式会社

ハリー・ケイン ソン・フンミン 写真提供: Gettyimages

トッテナム・ホットスパーのダニエル・レビー会長は韓国代表FWソン・フンミンとの契約更新に向けて、キャプテンを務めるイングランド代表FWハリー・ケインと同額の給与を準備しているようだ。5日、英紙『Express』が報じている。

同紙によるとレビー会長は活躍を続けるソン・フンミンとの新契約を結ぶことを重要視している模様。そのためトッテナムとの契約が2023年までとなっている同選手に対して週給20万ポンド(約2700万円)+ボーナスでのオファーを用意しているようだ。

ソン・フンミンは2018年に現行契約を結んでおり、現在の週給は15万ポンド(約2000万円)となっている。そのため新契約にサインをすることになれば約30%程度の給与増額となるようだ。

はたしてプレミアリーグでのゴール数で歴代5位の記録も残しているソン・フンミンとケインのコンビはこれからも活躍することになるのだろうか。