タイトル争いから遠ざかるユナイテッド 今節敗れればスールシャール監督は… 〜第8節プレビュー〜

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ライバルとの一騎討ちに勝てず、気づけばタイトルレースから程遠いリーグ15位に位置するマンチェスター・ユナイテッド。今節エバートン戦で黒星を喫すれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督解任の見出しが試合翌日の紙面を飾ってしまうかも知れない。

監督キャリアの岐路に立たされたスールシャール…イングランド代表OB「エバートン戦の結果次第で…」

エバートン vs マンチェスター・ユナイテッド
ユナイテッドは直近3試合エバートン戦で勝利から遠ざかっており、昨シーズンのプレミアでは2戦連続1-1のドローに。それでも敵地グディソン・パークでは通算16勝を記録し、クラブではビラ・パークに並びアウェイ最多勝利を誇っている。またブルーノ・フェルナンデスは、アウェイ9試合で12得点に関与(8ゴール4アシスト)。デビュー後アウェイ10試合を前に、すでに最多ゴール関与数を更新している。

エッシェン、元同僚ランパードのチェルシー監督就任に驚き「あんなに静かな奴だったのに…」

チェルシー vs シェフィールド・ユナイテッド
デビュー戦から無失点を維持するGKエドゥアール・メンディ。今試合でもシャットアウトに成功すれば、アレックス・マニンガー、ペペ・レイナ、アンデルス・リンデゴーアに続いて4人目のプレミアデビュー4戦連続クリーンシート達成に。また加入最初のリーグ4試合で無得点が続いたティモ・ヴェルナーは、直近3戦で4得点に関与している(3ゴール1アシスト)。

窮地に立たされたユナイテッド