橋本環奈の探偵ぶりが「完全にコナンwww」 「ルパンの娘」であの重要アイテムも登場

©株式会社ジェイ・キャスト

橋本環奈さん(2020年撮影)が「コナン環奈」に!?

俳優の深田恭子さん主演のドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)第4話が2020年11月5日、放送された。俳優の橋本環奈さん演じる探偵・北条美雲が使用する「アイテム」が、人気作品「名探偵コナン」に登場するアイテムとそっくりだとして、視聴者の間で大盛り上がりとなっている。

ループタイで執事と音声連絡

今回橋本さんが演じるのは、京都で代々続く名探偵一家の娘。「昭和のホームズ」と呼ばれた祖父(伊吹吾郎)とともに「令和のホームズ」になるべく日々鍛錬を積み、深田さん演じる三雲華ら大泥棒一家の「Lの一族」を追う使命を背負っている役どころだ。

美雲の基本スタイルは、ブラウンのグレンチェック柄のセットアップに白ワイシャツ、ループタイに、丸メガネといういかにも「探偵らしい」出で立ち。第4話では、ループタイで執事と音声連絡を取るシーンが放送されたが、これはコナンが毛利小五郎を装って推理する際に登場するおなじみのアイテム「蝶ネクタイ型変声機」の機能とそっくりだ。

「さぁ... おねんねの時間やで...」と...

また、美雲の腕時計は、盗聴器にも写真撮影にも使える優れもの。ときに張り込みの際現場の写真を押さえたり、第3話では華(深田さん)の夫で美雲が恋心を抱く相手・和馬(瀬戸康史さん)と張り込みをすることになった際には、「隙だらけ... ほんま無能どす...」とポツリとつぶやき、「さぁ... おねんねの時間やで...」と和馬に向かって腕時計から麻酔銃を発射したりしていた。これは、コナンでいう「腕時計型麻酔銃」と瓜二つ。小五郎を眠らせるために麻酔銃を1本だけ仕込める仕様で、コナン曰くその効果はゾウでも30分は眠るほど強力なのだとか。

視聴者からは、このような小ネタに対し「もう完全にコナンwww」「腕時計を人に向ける時のアレ... 完全にコナンくんがやる動作w」「環奈ちゃんの持ってるものがコナンくんのと似過ぎ笑」「コナン環奈」などと反響があがっている。

ちなみに、美雲の決めセリフは「この事件、この私、北条美雲が解決してみせます! おじいさまの名にかけて!」。こちらは人気作品「金田一少年の事件簿」のパロディーが使われているようだ。