パーソナルカラー別! 自分を一番キレイに見せる「地味色」アウターの選び方

©株式会社オールアバウト

自分に似合う「地味色」って? 失敗しない冬のアウター選び

ジャケットやコートなど、冬のアウターは単価が高いので、慎重に選びたいところ。

黒・ベージュ・グレーといった「地味色」のアウターは使いやすいように思え、取り入れる方も多いカラー。でも着てみると「なんだか、顔に似合わない」と感じることもあるものです。

私も洋服選びで失敗したことがありますが、長く愛用しているアイテムを並べてみると、多くは自分のパーソナルカラー(その人に似合う色)。トップスやアウターなど、顔の近くにもってくるアイテムは、お顔映りを左右します。

似合う色は人それぞれ異なるものの、イエローベースとブルーベース、大きく2つに分かれます。ここでは、パーソナルカラーの簡単なチェック方法と、タイプごとに似合う「地味色」をお教えします。

似合う色は、指先の血色の色でわかる

パーソナルカラー(自分に似合う色)は、指先の血色の色でわかります

中指の第1関節と第2関節の間を、もう一方の手の指で軽く押さえると、指先の赤みが増します。指先の血色の色をよく観察してみてください。

オレンジみを帯びた赤になる人はイエローベース、紫みを帯びた赤になる人はブルーベースです。

4つに分かれるパーソナルカラー

イエローベースは、スプリングタイプとオータムタイプに分かれます。

・スプリングタイプ

顔の印象:はっきりして明るい印象

似合う色:ベージュ、コーラル、オレンジなど

・オータムタイプ

顔の印象:落ち着いていてシックな印象

似合う色:ブラウン、オリーブ、マスタードなど

ブルーベースは、サマータイプとウィンタータイプに分かれます。

・サマータイプ

顔の印象:ソフトで優しい印象

似合う色:水色、ラベンダー、パステルピンクなど

・ウィンタータイプ

顔の印象:はっきりして濃い印象

似合う色:モノトーン、レッド、ロイヤルブルーなど

タイプごとに似合う「地味色」は?

地味色も、人それぞれ似合う色が異なります

上の色見本は、パーソナルカラーのタイプ別に似合う地味色をまとめたものです。

無難と思われがちなブラックが似合うのは、ウィンタータイプのみ。ブラウン、ベージュ、ホワイト、ネイビー、グレーは、タイプによって似合う色が微妙に違っています。

イエローベースはあたたかみのある色、ブルーベースはクールな色が似合います。

イエローベースにはブラウンやベージュがおすすめ

イエローベースの基本色は、ブラウンやベージュ。同系色の濃淡なので、この系統の色を揃えておくと、コーディネートも簡単です。

ミルクティーベージュはスプリングに

ミルクティーベージュのコート 出典:WEAR

ミルクティーのような澄んだベージュは、スプリングタイプにとてもよく似合います。明るく澄んだコーラルやオレンジなど、相性のよい色を差し色に加えてもよいでしょう。

チョコレートブラウンはオータムに

チョコレートブラウンのカバーオール 出典:WEAR

チョコレートブラウンのような濃いブラウンは、オータムタイプにとてもよく似合います。差し色を加えるとしたら、オリーブやマスタードなどがおすすめです。

ブルーベースにはモノトーンがおすすめ

ブルーベースの基本色は、モノトーンです。ブラック、グレー、ホワイトの濃淡で、モードな雰囲気を楽しんだり、差し色を加えたりしてもよいでしょう。

サマータイプにはソフトホワイト

ソフトホワイトのポンチョ 出典:WEAR

ブルーベースに似合うのは、黄みがかっていないホワイト。サマータイプは真っ白よりも、ソフトホワイトがとてもよく似合います。

ウィンタータイプにはチャコールグレー

チャコールグレーのポンチョ 出典:WEAR

グレーの中でも濃いめのチャコールグレーは、ウィンタータイプによく似合います。

冬のアウターをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(文:松本 英恵(カラーコーディネートガイド))