豚解体に使用か…包丁や鍋、おけなど押収 無許可で豚解体、容疑で逮捕のベトナム人の部屋を捜索/県警

©株式会社埼玉新聞社

男のアパートを家宅捜索し、押収物を運ぶ県警捜査員ら=6日午前10時半ごろ、上里町

 埼玉県上里町のアパート一室で許可なく食用に豚を解体したとして、ベトナム国籍の元技能実習生の男(29)が逮捕された事件で、県警捜査3課と国際捜査課、本庄署、児玉署は6日、男を立ち会わせ、と畜場法違反容疑で、この部屋を家宅捜索した。

 捜査3課によると、午前9時ごろから捜査員約30人体制で実施。包丁3本や鍋、おけなどを押収した。いずれも豚の解体に使用したとみて鑑定する。

 また、部屋にはベトナム人男性5人がおり、このうち1人の男(27)の在留期限が過ぎていたため、入管難民法違反(不法残留)の疑いで現行犯逮捕した。

 県警は引き続き、埼玉や群馬など北関東で相次ぐ家畜や果物の盗難との関連を調べる。