「パタリロ!」ファン集結 東京で魔夜峰央さん原画展

©株式会社新潟日報社

熱心なファンらでにぎわう魔夜峰央さんの原画展=東京都豊島区

 「パタリロ!」で知られる新潟市出身の漫画家魔夜峰央さんの原画展が、東京都豊島区の西武池袋本店で開かれている。クラウドファンディングで制作された等身大のパタリロ像も初めて展示され、多くのファンが詰めかけている。

 原画展は「パタリロ!」が100巻達成したことを記念し、昨年の新潟市と北九州市に続いて開催。「パタリロ!」のほか、初期の怪奇漫画や話題作「翔んで埼玉」の原画など約300点が並んだ。

 繊細なタッチの美少年が集められた一角では多くの来場者が立ち止まり、スマートフォンでお気に入りの一コマを撮影していた。

 10年来のファンだという東京都小平市の会社員(29)は「新潟の展覧会に行けなくて残念だったが、東京で見られて感動している。線画やベタがとても美しい」と熱心に眺めていた。

 原画展は11日まで。日付指定の前売り券の購入が必要。一般900円、大学・高校生700円、中学生500円、小学生以下無料。問い合わせは三省堂書店池袋本店、03(6864)8900。