自宅で石焼きイモが作れるなんて!Amazonで“魔法の調理グッズ”を見つけた。

©BuzzFeed Japan株式会社

焼き芋シーズンですね。

ぱくたそ

でも…

結局、焼き芋ってどうやって焼くのが正解なの?

Adobe Stock

レンジ?オーブン?

なんかもう情報多すぎてわかんないよ…。

そこで買ってみたのが、イシガキ産業の魔法の焼きいも鍋です。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

さつまいもを入れてチンすれば焼き芋ができるという商品。

お値段は2009円でした。

見た目はこんな感じ。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

芋ですね。可愛い。

美味しさの秘密は、この「セラミックボール」にあり。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ボールが電子レンジのマイクロ波を受けて熱くなり、鍋とのW遠赤外線効果で芋がふっくら焼けるという仕組みらしいです。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

さつまいもとセラミックボールを敷き詰めたら準備完了。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

あとはレンジでチンするだけです。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

計18分ほどです。

さて、お味は…!

ホックホクだ〜〜!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

水っぽさが全然ありません!栗みたいにホクホクです。

スーパーで一番安かったさつまいもとは思えない…!

でも…!

オーブンとの劇的な違いはないかも。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

レンジでつくる“蒸かし芋”との違いは明確です。しかし、オーブンとの劇的な違いは感じませんでした。

オーブンよりも優れているのは、何よりも調理時間。

いらすとや

「焼き芋 オーブン」で検索すると、だいたい40分〜60分かけての加熱がオススメされています。美味しく焼けるけど、長い…。

そもそも、「レンジはあるけどオーブンないよ!」という家庭も多いですよね。

そして…!

じゃがバターもいけます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ほろっほろです。

個人的に、さつまいもよりも感動しました。

焼きナスもいけます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

しかも、ちゃんと美味しい。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

焼きナスといえば\じゅわ〜/っとしたみずみずしさが特徴ですが…

この焼きナスはフワッとしています。

食べたことのない感触だけど、これはこれで美味しい。

セラミックボールは洗って乾かせばまた使えます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

食べたい時に、サッと出来るのが良いところ。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

これを買ってから、すごく焼き芋を食べるようになりました。

母親にも買ってあげようかな…。

価格はAmazonで2009円です。

便利さ ★★★★☆

デザイン ★★★★☆

コスパ ★★★★☆

さつまいもといえば…

カルディの「さつまいもスープ」も絶品なんですよ。

BuzzFeed

さつまいもをスープにするセンスの良さがカルディらしいですね。

お値段は206円。

一口目で「うっま…」と漏らしてしまいました。

BuzzFeed

甘さとしょっぱさのバランスが素晴らしい。

焼き芋というより、スイートポテトをイメージした方がしっくりする味です。

カルディに寄った際はぜひ♪

味 ★★★★☆

甘さ ★★★☆☆

コスパ ★★★★☆

リピート ★★★★☆