“みつ子”のん、“多田くん”林遣都が急接近?場面写真公開

©株式会社アイ・シー・アイ

公開された場面写真(C)2020「私をくいとめて」製作委員会

のんが主演、林遣都と橋本愛が共演の映画『私をくいとめて』(12月18日公開、大九明子監督)の新たな場面写真が公開された。31歳のみつ子(演・のん)、年下男子・多田くん(演・林遣都)と急接近?

親友・皐月(演・橋本愛)ら個性豊かな面々を収めた場面写真だ。

公開されたのは、一人焼肉を堪能するみつ子のカットを始めとする、計6点。親友・皐月(橋本愛)や、みつ子が絶大な信頼を置く“おひとりさま”の先輩・ノゾミ(臼田あさ美)、“バリキャリ”な女上司・澤田(片桐はいり)らの姿と共に、みつ子の日常を色鮮やかに映し出している。

中でも、皐月役を演じる橋本は、NHK連続テレビ小説以来7年振りにのんと再共演を果たすことでも既に大きな話題に。再び“親友役”に扮するふたりが、劇中では一体どんな表情や掛け合いをみせてくれるのか、期待が高まる。

さらに、商店街で偶然にも出くわしたみつ子と年下男子・多田くん(林遣都)が、楽しげに談笑する姿をとらえたカットも公開。

実は家がご近所さんだと判明してからは、ときどき多田くんがみつ子の自宅に訪れ、手料理をもらっていく間柄に発展。たまに仕事で顔を合わせる程度だったふたりが、偶然の出会いによって“急接近”するキッカケとなるシーンだ。

きっと両思いだと信じながらも、彼の本心を探れないみつ子と、玄関からその先へはあがろうとしない真面目な多田くん。不器用すぎるふたりが織りなす、“じれったい恋”の行方が気になるばかりだ。

ロングランを記録した『勝手にふるえてろ』の原作=綿矢りさと監督・脚本=大九明子のゴールデンコンビで贈る、映画『私をくいとめて』が12月18日から全国公開となる。

なお、原作本購入者だけが体験できる、コラボレーションAR企画も決定。スマートフォンに専用アプリ「pictPOP」をダウンロードの上、原作本の全面帯をはずし、イラストの表紙にカメラ画面をかざすと、主人公みつ子が浮かび上がり“うごく表紙”に様変わりするという、ユニークな仕掛けを楽しむことができる。