紗栄子”元夫・ダルビッシュ”にさらりと言及「イメージ変わった」と称賛の声

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

モデル・実業家の紗栄子が、11月5日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)にVTR出演。番組インタビューに応じ、息子2人をイギリス留学させた理由を明かしたところ、ネット上で「好感が持てる」と評された。

現在、栃木県で馬の牧場を経営するなど、タレントとしての活動はほとんど行なっていない紗栄子。これについて、紗栄子は「離婚しているので、その時の報道とか、1人の女性として、母親として、傷付くことはたくさんあって、テレビから遠ざかっていたんですけど…」と、離婚当時の状況を振り返りながら説明していく。

インタビューでは、「特に子どもに対しては、穏やかな生活を日本でさせてあげられなかったから、すごく申し訳ないと思って」と、離婚劇で子どもに影響が出てしまったことを悔やむ発言も。

息子2人がフラットな環境で過ごすのは日本では無理だと悟ったようで、「日本も難しいし、教育のこととか思うと、そこしかなかった」「彼らの幼少期を彼ららしく生きてほしかった。彼らが彼らでいられる場所が、本当にヨーロッパしかなかった」と、留学させた理由を明かす。

すべては息子たちのためにと語る紗栄子

留学先にイギリスを選んだ理由については、「(アメリカは)前の旦那さんが行ってるから、ちょっと難しいし」と、メジャーリーグで活躍する元夫・ダルビッシュ有の存在があったことを告白。徹底的に子どもを思い、しがらみのない環境下に置くことを意識したことが分かる。

離婚後に、正直にダルビッシュの存在を指摘した紗栄子に対して、ネット上では

《正直だと思うし、守りたいものがしっかりしてる》
《アメリカだと、アメリカのマスコミが「ダルの子どもが~」とか言うのかな?》
《前妻の子がアメリカに来てるのに子どもに会わないのか?ってダルビッシュが言われるもんね》
《ダルビッシュの話をサラサラっと出す紗栄子》
《めちゃくちゃ叩かれまくってたけど、最近はイメージ変わった。芯が通ってて、しっかりした人だなと思う》
《世間から何と言われようと稼ぎが良いシングルは偉いと思うよ》
《ダルビッシュだって家庭築いてて、子どもたちが知りたくない事も知ってしまう可能性もあるからね》

などと称賛を呼ぶことに。かつては何かと批判されたが、ここへきて、その姿勢が評価されつつあるようだ。

「『カネ目当て』などと男女問わず叩かれていた紗栄子ですが、子どもの成長につれて、自身も母親として立派になりましたね。今回のインタビューからも堂々たる意志の強さが感じられました。ツイッターで一般人とレスバトルを繰り広げているダルビッシュより、『マトモなのでは?』という声もあがるほどです」(芸能ライター)

中学生にまで成長し、徐々に分別がつく年頃になってきた紗栄子の長男。もう数年すれば、彼も何か語ってくれるかもしれない。