『天空の城ラピュタ』のモデルの地を舞台に「同性婚」描くイタリア映画が公開

©株式会社近代映画社

『天空の城ラピュタ』のモデルともなったイタリア屈指の絶景を誇る観光地で、ゲイカップルの結婚式をめぐる大騒動を描きイタリアで大ヒットを記録した映画『天空の結婚式』が、来年2021年1月22 日より全国ロードショーすることが決定。予告編も解禁された。

多様性を互いに認め合うことがみんなを生き易くする

イタリアで、2016 年に下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認める「シビル・ユニオン」法が可決されたことを受けて、ニューヨークのオフ・ブロードウェイでロングラン上演された大ヒット舞台「My Big Gay Italian Wedding」が、イタリアのコメディ映画界の重鎮アレッサンドロ・ジェノヴェージ監督によって遂に映画化。

「同性婚」をテーマに、ゲイカップルとそれを容易に受け入れられない親世代との世代間ギャップが巻き起こす大騒動を通して描く、自分の中の偏見や差別に上手く向き合えない全ての人たちに贈る、21 世紀の今を生きる家族の物語。

ベルリンに暮らすアントニオは、恋人で役者仲間のパオロに“人生を一緒に歩んでいくならこの人”と確信し、遂にプロポーズ。2人は結婚することになるが、問題は互いの親だった。

パオロはゲイであることをカミングアウトして以来、母親と疎遠になっている。一方、アントニオはイタリアで村長を務める父と母に、カミングアウトと同時に結婚の意志を伝えに行こうとするが――。

このたび公開された『天空の結婚式』日本版オリジナルポスターでは、本作の舞台となるイタリアで最も美しい村にも登録された、知る人ぞ知る観光地「チヴィタ・ディ・バニョレージョ」の絶景をバックに、主人公のアントニオとパオロのカップルがタキシードに身を包み微笑み合う姿が、新しい時代の幸せを予感させるビジュアルとなっている。

同時解禁となった予告編は、主人公のアントニオが恋人のパオロにプロポーズするシーンで幕を開ける。結婚を決意した 2 人だったが、問題は故郷に住む互いの親にゲイであることをカミングアウトし、了解を得る事。予告では、本人役で登場するイタリアで今最も人気を集める実在の“カリスマ”ウェディング・プランナー、エンツォ・ミッチョも顔を覗かせる。

果たして、2 人は無事に両親に認められ結婚することができるのか――。常にクスクス、時に大爆笑させながら、誰もが人生を自分らしく生きられる素晴らしさ、多様性を互いに認め合うことがみんなを生き易くするというシンプルなことを、最高にハッピーな後味と共に実感させてくれる極上のロマンティック・コメディが誕生する。

天空の結婚式
2021年1月22日より YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテほか全国順次公開
配給:ミモザフィルムズ
© Copyright 2017 Colorado Film Production C.F.P. Srl