20年の感謝の気持ちを込めて パンダ「タンタン」の切手販売

©株式会社 サンテレビジョン

中国への帰国が決まっている神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン」のオリジナルフレーム切手の販売が9日から始まりました。

後ろ姿やおいしそうにエサを食べる様子。 1シートが10枚で、王子動物園のスタッフがこれまでに撮影した愛らしいタンタンの画像が使われています。

このオリジナルフレーム切手は、これまで20年間多くの人に癒やしや元気を与えてくれたタンタンへの感謝の気持ちを込めて作られたもので、販売が始まった9日王子動物園で贈呈式が行われました。また、王子動物園近くの郵便局では9日朝、営業開始前から切手を求め、多くの人が列を作っていました。

オリジナルフレーム切手「ありがとうタンタン」は、神戸市内の郵便局で2200シート販売され、今月15日からは、日本郵便のウェブサイトでも販売が始まります。